1. TOP
  2. アガリ役
  3. 麻雀で染めるって何?混一色や清一色にするときの注意点3つ

麻雀で染めるって何?混一色や清一色にするときの注意点3つ

 2020/04/15 アガリ役  
染める

麻雀で染めるとは、一色手に手牌を決めることで、混一色(ホンイツ)清一色(チンイツ)のことを指します。

とても綺麗な役ですが、相手にバレる可能性が高く、難易度も高めです。

染める場合の注意点をお伝えします。

Sponsored Link

染めるとは一色手に牌を揃える事

一色手

一色手に染める役は、混一色か清一色になります。

混一色とは?

混一色

雀頭、面子を字牌と1種類だけの数牌で構成する役の事です。

3翻役で、鳴くと2翻役に食い下がります。

立て混(タテホン)で3つ、鳴いて2つです。

清一色とは?

清一色

1種類の数牌のみで構成する役です。

6翻役で、鳴くと5翻役に食い下がります。

立てて跳満、鳴いて満貫と覚えましょう。

染めるときの注意点3つ

麻雀牌

Sponsored Link

捨て牌でバレる可能性がある

捨て牌

3つある数牌の内、1種類だけを集めて成立させる役のため、捨て牌が偏ります。

萬子を集めて混一色や清一色を目指す場合、筒子と索子は必要ないため捨てることになります。

よって、捨て牌に偏る特徴がみられる傾向があります。

鳴いてバレる可能性がある

清一色,鳴き

字牌だけを鳴く場合は、あまり関係ありませんが、混一色や清一色の1種類の数牌のみを鳴くと相手にバレる可能性があります。

例えば、萬子の混一色を狙っている場合、捨て牌が筒子と索子が多めで、萬子を鳴いていれば、間違いなく相手は警戒するでしょう。

よって、初めの配牌の段階で数牌のどれが1番多いのか、見極める必要があります。

鳴くと役と点数が下がる

混一色,鳴き

鳴いても成立しますが、役が1つ下がります。

特に混一色は鳴くと2翻役に下がってしまします。

この場合、

  • 三元牌
  • 役牌(自風牌、場風牌)
  • 一気通貫
  • 対々和
  • 三暗刻
  • チャンタ

などど複合させると、役を増やすことができます。

さいごに

萬子

染めるとは、混一色か清一色を言います。

他の役と複合しますし、決まれば高得点間違いなしです。

是非、一色手に役を染めてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

麻雀のルールがわからない初心者のためのサイト|麻雀ナビの注目記事を受け取ろう

染める

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

麻雀のルールがわからない初心者のためのサイト|麻雀ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!