1. TOP
  2. アガリ役
  3. 七対子の点数の基本は1,600点!コツと同じ牌4枚の場合はどうなる?

七対子の点数の基本は1,600点!コツと同じ牌4枚の場合はどうなる?

七対子,点数,1600点

七対子は、上がり符はありませんが、基本点数は1翻50符の点数を基準とします。

また、複数の役と複合します。

今回は、七対子に迫っていきます。

Sponsored Link

七対子の点数について

本来、七対子は特殊で2翻25符です。

ですが、分かりやすい点数計算は1翻50符の点数を基準にします。

七対子を1翻50符と置き換えると計算しやすくなります

1翻 1,600 2,400
2翻 3,200 4,800
3翻 6,400 9,600
4翻 満貫 満貫
5翻 満貫 満貫

となります。

満貫以上は、跳満(6~7翻)、倍満(8~9翻)、3倍満(10翻~)と翻数は同じです。

七対子は同じ牌4枚は成立しない

七対子,不成立

七対子は、異なった7つの対子のことを言います。

つまり、同じ牌4枚を含めると、七対子にはなりません

間違って上がった場合、チョンボになります。

七対子は他の役と複合するときがある

七対子は、他の役と複合するときがあります。

七対子+断么九

タンヤオ,七対子

基本、子3,200点、親4,800点。

2翻50符。

Sponsored Link

七対子+混老頭

七対子,混老頭

基本、子6,400点、親9,600点。

3翻50符。

混老頭は2翻なので、合計で3翻。

七対子+混一色

七対子,混一色

4翻の満貫。

混一色は3翻のため、合計で4翻。

七対子+清一色

七対子,清一色

7翻の跳満。

清一色は6翻のため、合計で7翻。

字一色

七対子,字一色

七対子の形ではあるが、字牌のみで成立しているため、字一色の役満

 

立直、ツモ、一発、嶺上開花、ハイテイ、ダブル立直、ドラ(必ず2枚以上)と複合すれば翻数が増え、さらに点数が上がります。

さいごに

七対子は、麻雀の中でも特殊役です。

出やすい役でもあるため、点数は暗記しておきましょう。

七対子が和了できるときは、波に乗っているときです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

麻雀のルールがわからない初心者のためのサイト|麻雀ナビの注目記事を受け取ろう

七対子,点数,1600点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

麻雀のルールがわからない初心者のためのサイト|麻雀ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!