1. TOP
  2. ルール
  3. 正式な麻雀ルールの始め方を伝授!必要なのはサイコロ2つだけ

正式な麻雀ルールの始め方を伝授!必要なのはサイコロ2つだけ

麻雀,始め方

麻雀を4人で始める場合、まず場所決めを行います。

スタートの位置、親決め、麻雀牌の取り方を決める必要があります。

今回は、正しい麻雀ルールでの始め方を伝授いたします。

Sponsored Link

①場所を決める牌を6枚用意する

麻雀,始め方

はじめに、東、南、西、北と数牌の偶数と奇数の6枚を用意します。

数牌は、1と2以外の3と4、8と9でも構いません。

偶数と奇数であることが必要です。

裏返しにして混ぜます。

牌,混ぜる

混ぜたら、裏返しのまま並べます。

裏返しの牌

並べたら、そのままにします。

②6枚の牌を持っている人の対面が始めのサイコロを振る

場所決めでは、サイコロを2回振ります。

まず、①で並べた6枚を揃えている人の対面の人がサイコロを振ります。

対面の人

真向かいにいる人がサイコロを振ります。

ここでは、

サイコロの6

 

『6』が出たとします。

サイコロの出目の人

出目が、

  • 『5、9』なら、振った本人の位置
  • 『2、6、10』なら、サイコロを振った人の右側の人の位置
  • 『3、7、11』なら、①の6枚を準備した人の位置
  • 『4、8、12』なら、サイコロを振った人の左側の人の位置

仮の東の場所になります。

今回は、『6』なので、サイコロを振った人の右側の人の位置が仮東の場所になります。

③『仮東の場所』にいる人が2回目のサイコロを振り『正式な東』を決める

仮東の場所の人は、ここで2回目のサイコロを振ります。

サイコロの5

『5』が出たとします。

ここで、はじめに①で用意した6枚を裏返します。

これを、

裏返しの牌

裏返します。

場所を決めた牌

見やすく整理すると、

整理された牌

数牌を端に寄せ、上下直します。

出た目の『5』は奇数です。

よって、

場所の決まった牌

奇数の一萬側から順番に、反時計回りで風牌を渡していきます。

  • ③でサイコロを振った人が『南家
  • ③でサイコロを振った人の右側の人が『北家
  • ③でサイコロを振った人の対面が『東家
  • ③でサイコロを振った人の左側の人が『西家

となります。

この状態で、仮東の場所は、『南』を持っている人のところなので、全員席を立ち、自分の自家のところに席替えします。

  • 『南家』は、上記画像では手前の席に移動
  • 『北家』は、上記画像奥の席に移動
  • 『東家』は、上記画像左側の席に移動
  • 『西家』は、上記画像右側の席に移動

ということになります。

Sponsored Link

場合によっては、席を動かない人も存在します。

④牌を積む(17列で2段)

牌を積んでいる画像

席替えを終えたら、牌を17列の2段にして積みます。

麻雀牌は全部で136枚なので、1人34枚を使用し積み上げます。

⑤親を決める

座る場所が決まれば、次は半荘を始めるための親決めがあります。

親決めもサイコロを2回振ります。

最初のサイコロを振る人は、場所決めで『東家』になった人です。

引き続き、今回の東家は、左側に座っている人なので、1回目のサイコロを振ります。

サイコロの7

『7』の場合、対面の人がもう一度、サイコロを振ります。

  • 出目が『5、9』の場合は1回目のサイコロを振った人
  • 出目が『2、6、10』の場合は、サイコロを振った人の右側にいる人
  • 出目が『3、7、11』の場合は、サイコロを振った人の対面の人
  • 出目が『4、8、12』の場合は、サイコロを振った人の左側にいる人

が、2回目のサイコロを振ります。

2回目で、スタートする親が決まります。

サイコロの5

『5』の場合、サイコロを振った本人が親になります。

親が決まった様子

このようになります。

⑥ゲームの始め方

親が決まれば、麻雀牌を取る位置、王牌、ドラを決めてスタートします。

ここでは、親が始めのサイコロを振ります。

サイコロの8

『8』が出た場合、親の左側の列から牌を取り始めます。

列の左側から数え、8列を残し、9、10列の4つを取ります。

牌を取る

8列を残して、2列4つずつ取っていきます。

1周した牌

親から順番に4つずつ、反時計回りに取っていきます。

これを3周し、まずは全員に12枚行きわたるようにします。

12枚ずつ牌を取った様子

親は14枚の牌からスタート、子は13枚の牌を持つようにします。

親が2枚取った様子

親が、1列間隔を空け2枚を取ります。↑

これで手元に14枚になります。

子は、順番に1枚ずつ取り、手元の牌を13枚にします。

配牌が終了した様子

配牌が終了するとこのようになります。↑

王牌とドラを表示させ、親が牌を捨ててスタートになります。

ドラを表示している様子

ドラ表示牌は3筒なので、ドラは『4筒』となります。

持ち点数は、30,000点、25,000点と各自ルールで決めましょう。

さいごに

麻雀を正式なルールで始めるには、座る場所決め、親決めが必要です。

正式ルールで楽しく麻雀を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

麻雀のルールがわからない初心者のためのサイト|麻雀ナビの注目記事を受け取ろう

麻雀,始め方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

麻雀のルールがわからない初心者のためのサイト|麻雀ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!